前へ
次へ

鍼灸治療の経略って何か、治療効果について

鍼灸治療は、経絡を調整し、血と気の流れを良くする方法によって、治療を試みます。経絡とは、人の体に必要な要素の通り道であり、経は、縦の通り道、絡は、横の通り道を表しているのです。鍼灸治療における血の流れにおいては、目に見える内容として、理解できる話ではないでしょうか。鍼灸治療は、東洋医学の陰陽思想に基づいた治療方法であり、陰陽では、男と女の様に相反する要素が、お互い一つとして影響を与え合っていると考えられています。血と気は、陰陽の関係であり、見える要素と見えない要素の陰陽の間柄でもあるのです。そのため、気の精神が衰えれば肉体にも影響を与え、肉体が衰えれば、精神にも影響を与えると考えられています。病は気からとの考え方でもあり、鍼灸治療は、両方の流れをよくする治療でもあるのです。詰まったホースに、圧力の高い水を送り届ければ、ホース全体に負担を与えてしまいます。経絡の調整は、血と気の圧力の調整であり、理に適った治療方法でもあるのです。

Page Top