前へ
次へ

鍼灸治療は痛みがある印象を持っている

病院で受ける治療の中で痛そうなものとして注射があるでしょう。血管を通して薬剤などを投与するときに使われ、今から刺さる注射針が見えて怖さを感じる時もあります。子供だけでなく大人でもあまり受けたい治療ではないはずです。同じように針を使う治療として鍼灸治療が知られています。東洋医学の一つで体にあるツボなどに鍼を刺したりお灸を置いたりして治療を行っていきます。鍼なら刺さっていたそうですし、お灸は熱いと感じそうです。鍼灸治療を受ける時に痛みや熱さなどの苦痛を感じることはあるかですが、鍼に関してはほとんど痛みを感じません。一応鍼の太さは目に見えるぐらいですが、髪の毛ほどの細さになり注射針に比べるとかなり細くなります。そのためちくりの痛さも感じることなくどんどん治療を受けられるでしょう。お灸に関してもじんわりした温かさを感じるくらいで熱くて辛い状態にはなりません。痛みや熱さを感じる時はそれを伝えれば対処してもらえるでしょう。

Page Top